熊田曜子さんのバストケア

美しくハリのあるバストは、女性の憧れです。
セクシーグラビアタレントとして有名な熊田曜子さんは、物心ついた頃から、
女性らしく美しいバストを目指し、なんと中学生の頃からバストケアを始めたそうです。

大胸筋や肩や腕など、バストを支える為に重要な筋肉を鍛えるエクササイズをしたり、
牛乳を飲んだりと努力した結果、17歳になる頃には、本人の理想の形のバストに 近づいてきたのだとか^^。

彼女のバストケアにおけるこだわりは、 バストの丸みを形良く維持する事。その為に、外側からはクリームでマッサージをし、
内側からはイソフラボンを摂取するなどしてケアをしているそうです。

イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをする成分で、納豆や豆腐など、 大豆食品に多く含まれています。 毎日大豆食品を摂取する事が難しい方の為に、便利なサプリメントなども 様々なメーカーから販売されているので、利用するのもいいかもしれません。
熊田曜子さんがマッサージの際に使用していたクリームは、 石澤研究所というメーカーのブランド名「スキャンダル」の「ピンボンクリーム」というもの。 ソニープラザなどで購入でき、お値段も2415円とお手頃です。 これは、張りと弾力のあるバストへと導く、バストアップへの補助的な役割のクリームなので、 このクリームを塗ってマッサージをすればバストサイズがアップするという訳では ありませんが、ユーザーの口コミ情報によると、個人差はありますが バストサイズがアップした方もいるようです。

全商品送料無料!ピュア・メディカルOnline レディースプエラリア



産後の女性のバストケア

産後の女性にとっても、バストケアはとても重要です。 産後しばらくは、母乳が作られるため、バストは大きく張りがあるのですが、 授乳期間が終わり、母乳が作られなくなると、バストは一気に萎み、 張りを失い、産前よりも小さくなってしまいます。

これの改善にはマッサージも大切ですが、この場合 マッサージだけでは大きな結果は得られにくいので、やはり体の内側からのケア、 つまりバストを支える大胸筋を鍛えるエクササイズが最も有効です。
本当は、産前から大胸筋を鍛えておく事が理想的なのですが、 産後からでも遅くはありません。





元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN