ヒトアジュバント病の原因

ヒトアジュバント病という病気をご存知ですか?ヒトアジュバント病は、胸を大きくしたいなどのバストアップ法で美容外科手術でシリコンなど異物を体内に入れた後、関節や筋肉の痛みや発熱が起こる病気のことです。

ヒトアジュバント病の症状は、膠原病(こうげんびょう)やそれに似た病気の症状と似ています。膠原病とは、全身の血管・皮膚・関節・筋肉などに炎症が見られる病気の総称のことで、炎症と共に湿疹・発熱・関節の痛みなどを伴います。膠原病に分類される病気としては、関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・皮膚硬化・レイノー現象などがあります。

ヒトアジュバント病の原因は、シリコンやパラフィンを直接注入する豊胸(バストアップ)手術にあります。シリコンやパラフィンは体にとっては異物となります。もともと、体は異物に抵抗する働きを持っていますが、シリコンなど異物と直接接触することで激しく抵抗し、過剰な免疫反応を起こしてしまう結果、上記のような症状が起こると考えられています。 ちなみに、豊胸手術には直接シリコンを注入するのではなく、シリコン入りの袋を挿入する方法もありますが、この場合、ヒトアジュバント病を発症する確率は随分低いです。ヒトアジュバント病は、シリコン注入など豊胸(バストアップ)手術を受けてから、10年後以降に発病するケースがほとんどです。発熱や関節・筋肉の痛みがあり、10年くらい前に豊胸手術を経験したという方は、ヒトアジュバント病を疑ってみることをおすすめします。まずは、早めに病院に行き診察を受けましょう。

豊胸術(バストアップ)とヒトアジュバント病

病院では、血液検査などが行われます。血液検査の結果、リウマチ因子や抗核抗体が高頻度に陽性になる、炎症反応が上昇するなどの結果が現れるとヒトアジュバント病である可能性が高くなります。治療は、まず異物を取り除く作業からスタートするのが普通です。これだけで症状がなくなる人もいますが、大半はシリコンなど異物を取っただけでは症状が改善されません。そこで、副腎皮質ステロイド薬(プレドニン)という薬を使った治療を受けることとなります。
豊胸手術など美容外科手術を受ける時って、癌など病気の手術を受ける時と違って緊張感や恐怖感があまりないという方も多いと思います。確かに、豊胸手術が原因で死んでしまうなんてことは考えにくいですが、豊胸手術後はヒトワジュバント病のような病気が起こる可能性もしっかり頭に入れておきましょう。 また、万が一上記のような症状が現れて病院で診察をうける際、豊胸手術の内容を細かく説明できるよう、手術の術式やシリコンの材質は書き留めておくことをおすすめいたします。


元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN