妊娠線とは? 予防は可能?

産後の女性の悩みの一つとして、「出来てしまった妊娠線をどうしかしたい」という問題をよく聞きます。
妊娠線とは、妊娠によってお腹が急激に大きくなった事で皮膚が引き伸ばされ、皮膚が割れたようになり、
みみず腫れ状に現れる赤い線の事です。



産後には、赤いみみず腫れの部分が時間の経過により白っぽい線状に残り、やせていた人が急激に太った場合にも同じものができます。また、妊娠線はお腹だけではなく、妊娠時の急激な乳房の成長により、乳房にもよくできます。
一度妊娠線ができてしまうと、それを消す事は、なかなか難しいので、まずは妊娠中に予防対策をする事が大切です。予防対策としては、マッサージオイルや妊娠線予防クリームなどで、丁寧にマッサージしながら、皮膚を保湿し、乾燥を防ぎます。保湿してマッサージで皮膚を柔らかくしてあげる事で、急激な伸びに耐えられる皮膚を作っていくというわけです。
しかし、予防はあくまでも予防なので、どんなに丁寧なマッサージで妊娠線予防クリームやオイルを毎日すりこんでも、体質も関係してきますし、残念ながら絶対に出来ないという事はないのです。妊娠線が出来てしまった場合、産後も、クリームやマッサージで多少目立たなくする事は可能ですが、限界があります。けれども、出来てしまった妊娠線を綺麗にする事を諦めなくても、更に効果的な方法がまだまだ沢山あるのです。

美容整形外科によるレーザー治療

妊娠線を消す方法は、ケミカルピーリング、サーマクール、カーボメッド、エンダモロジー、レーザー治療など、いくつかの方法がありますが、一番効果的なのは、やはり美容整形外科によるレーザー治療です。
施術後2週間程で、妊娠線がかなり目立たなくなり、アフターケアも3週間程日焼けを避けるだけという手軽さなのです。 更に、レーザーにはコラーゲンの再生を促す効果もある事がわかりました。完璧に消えたように見えるようになるかというのは個人差があると思いますが、かなりの改善が期待できるでしょう。その他、美容整形外科治療によるものでは、PRP治療という方法もあります。自分の血液を少量採取して、多血小板血漿を作り、再生したい部分に注入するという方法で、簡単でかなりの効果がある治療ですが、とても高額です。
妊娠線の画像
web上に妊娠線の画像を掲載したブログがありましたので、掲載しておきます。
  http://blog.goo.ne.jp/masa_fuji1206/e/afeabcc99df4593de0b37a3d2178acf3
http://ameblo.jp/miracle-lesson/entry-10021081962.html 


元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN