体内の善玉菌と悪玉菌

善玉菌の増やし方をご存知ですか?
私達の体内には様々な細菌が住みついているのですが、それらは働きによって善玉菌と悪玉菌に分けられます。
文字通り健康に役立つ働きをするものを善玉菌、逆に健康に害を与えるものを悪玉菌といいます。



善玉菌には、乳酸菌(ブルガリア菌、ビフィズス菌、サーモフィルス菌)、 もともと大腸に住んでいる腸内ビフィズス菌、腸球菌などがあります。 善玉菌は美しく健康でいるためには欠かせない腸内細菌です。

悪玉菌には、大腸菌、ブドウ球菌、ウェルシュ菌などがあります。 悪玉菌は、腸内に残った食べかすなどを腐らせてアンモニアなどの有害物質を作り出し、 腸炎や下痢などを引き起こします。

健康な時は、この善玉菌と悪玉菌のバランスがとれて、 善玉菌が多く存在しているのですが、 様々なことが原因となって悪玉菌は増加してしまいます。

例えば、睡眠不足ストレス、偏った食生活、 乱れた生活習慣などにより体調を崩すと、 悪玉菌は増えて色んな悪影響を及ぼし、体を老化させてしまいます。 善玉菌は年齢を重ねるごとに徐々に減少していきます。 乳幼児の頃は大腸にいる細菌のうち95%を占めているのに、 40代になると12%くらい、老人になると1%以下まで減少してしまいます。 美しく健康でいるためには欠かせない善玉菌、放っておくとどんどん数が 減ってしまうということは、積極的に補う必要があるわけですね。

ヨーグルトがおすすめ?

善玉菌の増やし方にはどんな方法があるのでしょう?
善玉菌の増やし方はいくつかありますが、最も有名で手っ取り早いのは、ヨーグルトを食べることでしょう。ヨーグルトは善玉菌を増やすだけでなく、他の栄養素をたくさん含んだ非常に栄養価の高い食品なので、積極的に食べるといいでしょう。 ただ、ヨーグルトに入っている善玉菌(乳酸菌)は胃酸に弱いので、 腸に到達するまでに大半が死んでしまいます。 腸内まで到達することができるのはほんの数%なので、 ヨーグルトで補いたいのであればある程度の量を、 毎日食べ続ける必要があります。

ヨーグルトにも色々ありますが、プロバイオティクス 「ガセリ菌SP株」という言葉が書かれたヨーグルトがオススメです。
「プロバイオティクス」とは?=生きて腸まで届き、健康に有益な働きをしてくれる微生物のことです。
「ガセリ菌SP株」は=生きたまま腸内に届くだけでなく、そのまま腸内に定着して働いてくれます。
せっかく食べるなら、少しでも長く腸内で働いてくれる菌が入ったヨーグルトを選びましょう。
善玉菌の増やし方には、外から補う方法ともともと腸内にいる菌を増やす方法があります。
腸内の菌を増やすためには善玉菌の栄養となるオリゴ糖を摂るのもいいですよ。
善玉菌の増やし方を実行して、美しく健康的な体を維持しましょう。


 善玉菌の通販口コミ情報
元カレと・・・