メニエル病 症状と原因


メニエール病とは?
骨と膜の二重構造になっている耳の内耳は、 膜の内側にリンパ液(内リンパ液)が充満しています。 このリンパ液の流れが様々な原因により過剰になったりすると内リンパ水腫を 作ります。これが神経を圧迫したりして、めまいや耳鳴り、難聴などの症状を 引き起こします。
メニエルの症状として、めまいの発作が起こる前にひどくなるといわれているのが 耳鳴りです。発作がたびたび起こると慢性的な耳鳴りになっていくようです。 身体が傾くような感じでふわふわしたようになったり、 止まっている物が動いているように見えたりもします。 メニエルの発作時は、自律神経の働きがおかしくなって、冷や汗や吐き気を感じ、 顔面蒼白などの症状が現れることもあります。

メニエール病は、30〜50歳代の働き盛りの男性がかかりやすい統計があり、 仕事や人間関係などで強いストレスや緊張が続いたりする人は気をつけたほうが いいでしょう。 責任感が強い人や働き過ぎの傾向にある人など、緊張やストレスが多い中で生活を している人は要注意です。 そしてこのメニエル病は、季節の変わり目などのときに、 発症しやすいので、気候の変化などのときは特に注意してください。

メニエル 治療法は?

メニエール病についての根本的な治療法というのは、 残念ながらいまだ見つかっていないのです。 基本的には、メニエル発作時に症状を抑制するための 薬物による対症療法にです。 メニエル病の症状は、その程度にかなり個人差があります。 再発が激しい場合は、内耳のリンパ液を取り除くといった手術もあります。 基本的に治すのに時間がかかるので、専門医に相談しつつ個人個人にあった 治療法を見つけていくことが大切になります。

生活習慣が過労気味の方はそれを改善するのが大切です。
◆ストレスを解消し、リラックスする。◆十分な睡眠時間。 ◆過剰なアルコール摂取や喫煙をやめる。◆休養をとる。 ◆趣味やスポーツを楽しむ。 etc
メニエル病は、ただでさえ治療が長くかかる上に症状が悪化してしまうと、 治療が難かしくなるので、初期のうちに正確な診断と適切な治療を受けることが大切です。 聴力検査で難聴があるかどうかを調べたり、平衡機能検査も行いましょう。

耳や首のまわりの血流を促すツボ
メニエル病の根本治療ではないのですが、耳鳴りに効くといわれているものに ツボ治療があります。東洋医学では、全身に、経絡(けいらく)という 生命エネルギーの通り道があり、経絡の上に無数のツボが点在しているという 考えかたをします。 そのツボを刺激することによって、経絡を流れる生命エネルギーが スムーズに流れるようになり、血流がよくなったり、乱れた自律神経 の働きが正されたりして、体の不調が改善すると考えられたりしています。


元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN