耳鳴りの原因


日本では30〜40代の若い世代にも耳鳴りに悩む人が急増しています。 慢性的な耳鳴りに悩む人は、4人に1人にもおよぶと厚生労働省の調査で 推測されているそうです。 耳なりは、困ったことに1度発症したら治りにくい上に、 発症の原因が特定しにくいことです。 中耳炎は、すぐに対処できるのですが、耳鳴りの原因というのは、 精密検査を受けてもはっきりとわからないことが多いのです。

医師に診断を受けて、耳鳴りの症状を伝えても、 耳鳴りはすぐには治らないことが多いので、 時間をかけて治していきましょうといわれて、薬を処方されることが多いです。 そして薬を飲み続けても、かなり長い期間 に渡って耳鳴りに悩む人が多いそうです。

耳というのは、外耳・中耳・内耳の3つの部分に大別できるのですが、 耳鳴りの原因として、重要と言われているのが、 耳奥にある内耳の血流不足といわれてます。 この中で音を集めるのが外耳で、音の振動を伝えたり増幅したりするのが中耳、 聴覚や平衡感覚をつかさどるのが内耳です。 内耳は脳のすぐそばにあり、複雑な形をした管で作られています。 中には、リンパ液が充満しています。 蝸牛(かぎゅう)というカタツムリのような形をした器官があるのですが、 これが聴覚をつかさどっています。 他には前庭(三半規管と耳石器)という器官があり、 平衡感覚をつかさどっています。 蝸牛は、蝸牛神経を通じて音を脳に伝え、 前庭は前庭神経を通じて体の向きの情報を脳に伝えます。 蝸牛や前庭には有毛細胞(毛が生えた細胞)が数多く並んでいて、 音や動きの刺激を脳に伝えます。

耳鳴りは内耳の血流が悪化して起こる

内耳は精密な構造で複雑な働きをしているのですが、 この内耳の働きが悪化すると、耳鳴りを引き起こす重大な原因になるそうです。 内耳に届く血液には、新鮮な酸素や栄養素が含まれていますが、 血流が悪化すると、蝸牛や前庭に酸素や栄養素が十分に行かなくなります。 そして内耳の働きが悪化してしまい、内耳からの情報が 脳にうまく伝わらなくなってしまうのです。 蝸牛や前庭の有毛細胞も栄養不足になり、損傷しやすくなります このような不調が重なり、耳鳴りの症状が現れやすくなります。

内耳の血流不足が起こる原因として 睡眠不足ストレス脳梗塞、脳出血、動脈硬化、 塩分の多い食生活、喫煙、などの要因があるといわれています。 耳鳴りを治していくには、こういった内耳の血流不足を招く原因を 除くことが必要です。


元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN