大腸癌の生存率について

大腸癌の生存率はどれくらいかご存知ですか?
大腸癌は手術後すぐに完治したかどうかを判断することはできません。
完治したかどうかを判断するには、何年か経過を見る必要があります。


大腸癌の生存率は、5年生存率と8年生存率に分けることができます。 大腸癌の生存率は、癌を発見した時の進行度合いによって決まるといわれています。 当然のことながら発見が遅れて、末期に近づけば近づく程、大腸癌の生存率は下がります。
大腸癌の進行度合いは、4段階に分けられます。
それは、(デュークスA)・癌が大腸壁内に留まっている状態。
(デュークスB)・癌が大腸壁を貫き、リンパ節には転移がない状態。
(デュークスC)・リンパ節に転移してしまっている状態。
(デュークスD)・遠隔(肺や肝、腹膜など)に 転移してしまっている状態の4段階です。

大腸癌生存率(5年生存率)は、デュークスAで95%、 デュークスBで80%、デュークスCで70%、 デュークスDで25%とされています。
上記を見ると分かるように、大腸癌は他の癌と比べても、 初期の場合の生存率が非常に高いことが分かります。
大腸癌は早期発見、早期治療をすれば完全に治せる確率が非常に高い癌といえます。
大腸癌生存率が高いうちに発見するためには、日頃からチェックをしておくといいでしょう。

大腸癌の初期症状

大腸癌といえば、どんな症状を思い浮かべますか?
大腸癌=血便が出ると思っている人も多いようですが、 初期の場合はこういった症状はありません。
血便が出た時は、かなり癌が進行している可能性が出てきます。
(血便=大腸癌というわけではありません。)
大腸癌の初期症状としては、便秘や下痢が起こりやすい、腹痛が起こりやすいなどがあります。
また、大腸癌を早期発見するためには、以下のようなことも注意しておきましょう。
下痢と便秘が交互にくる、便が黒いまたは血が混じっているように見える、 便が細くなった、便をしてもまだ出しきれていない気がする、 貧血がしょっちゅう起こる、おなかがハリやすい、お腹にしこりがある。 このような症状がある場合は、1度診察してもらった方がいいと思います。

上記の症状=大腸癌というわけではありませんが、 万が一のことも考えられるので、<放置しないように>しましょう。 また、大腸癌の原因の多くは食生活にあるとされています。 肉中心で、野菜や果物をほとんど摂らない(欧米的な食生活をしている)人、 食物繊維をあまり摂らず便秘気味な人などは大腸癌になりやすいとされるので要チェックです。 また、タバコを1日1箱以上は吸っている人、 お酒を1日1合以上は飲んでいる人、 1日中ゴロゴロしていてあまり運動をしない人なども要チェックです。


元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN