エストロゲンの分泌低下

エストロゲンの分泌低下は、どのような症状を引き起こすのかご存知ですか?
エストロゲンとは、女性ホルモンの1つで卵胞ホルモンとも呼ばれています。

■イライラする50代に。こだわりのマカ。 更年期障害対策とエストロゲンの分泌低下   



エストロゲンは、排卵の準備をする時に必要となるホルモンなので、 生理の終わり頃から排卵前に分泌が高まります。 エストロゲンの分泌は思春期以降に増加し、 40代半ばくらいになるとエストロゲンの分泌低下が始まります。

エストロゲンの分泌低下が起こると、イライラ不眠・倦怠感・ うつ・のぼせ・肩こり・冷えなどの症状が起こります。この症状って、 更年期の症状そのものですよね。 「更年期」とは、40代半ばから50代半ばまでの期間を差します。

この時期になると、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きが衰え、 女性ホルモンが不足するので、体は不安定な状態になります。 そこで、女性ホルモンが不足しはじめてから、 不足していても体が安定した状態でいられるようになるまでの期間を 「更年期」と呼んでいます。
更年期に起こる様々な症状を更年期障害といいます。 更年期障害の症状は人それぞれですが、のぼせ・発汗・冷え耳鳴り・ 頭痛・肩こり・腰痛倦怠感・膣や尿道の痛み・性交痛などがあります。 そして、これら更年期に起こる症状は、エストロゲンの分泌低下など 女性ホルモンが乱れることが原因で起こっていると考えられています。

■不妊症でも元気な赤ちゃんを授かる方法とは? (妊娠しなかったら、全額返金保障つきです)

更年期障害の対策に!

更年期障害の程度や時期は個人差があり、30代後半から症状が現れる人、 治療を受けなければならないくらい症状がひどい人、 ほとんど症状が現れない人など様々です。 いずれにしても更年期障害はいつかはおさまるものなので、 食生活改善・適度な運動など対策を実行しながら気長に待ちましょう。
エストロゲンの分泌低下が始まる更年期は、様々な病気に注意を払わなければなりません。 その1つが、骨粗しょう症です。 骨粗しょう症とは、骨の成分が減少して骨がスカスカになり、 骨折しやすくなってしまう状態をいいます。骨粗しょう症の原因は明確にはなっていませんが、 エストロゲンの分泌低下のように性ホルモンが減少することが原因ではないか と考えられています。エストロゲンには、カルシウムが骨から血液に必要以上に 溶け出すのを抑制し、骨の減少を食い止める働きがあるとされています。 また、性ホルモンは骨の形成を促進する働きがあるとされています。 ホルモンの乱れは色んな悪影響を及ぼす可能性があるので、 エストロゲンの分泌低下が起こる更年期は、特に注意が必要です。



フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN