豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)の症状は?

メキシコが起源となった新型インフルエンザは猛烈な感染力で世界へ感染範囲を広げています。
世界保健機構(WHO)では、6段階の警戒レベルを「パンデミック」(世界大流行)の1歩手前の「フェーズ5」に引き上げました。


インフルエンザの症状ですが、5月18日現在一人の感染者が認められている 兵庫県伊丹市の情報ページ(いたみん)では、インフルエンザとかぜの違いについて、 インフルエンザは、突然現れる高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が 強いのが特徴で、併せてのどの痛み、鼻汁、咳(せき)などの症状も見られます。 と書いてあります。

そして怖いことに、気管支炎肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんなどを併発し、 重症になることがあるのも特徴ですとのこと。 そしてさらに、高齢者、呼吸器や心臓などに慢性の病気を持つ方は、 インフルエンザそのものや、もともとの病気が悪化しやすく、 死に至る原因となることもありますので、十分に注意する必要があります。 とのことです。

最近では、小児(特に幼児)がかかると、まれに急性脳症を起こして 死亡したり後遺症が残ったりすることがあることが明らかとなり、 原因の解明や治療法の研究が進められているとのことです。 日本では例年12月〜3月がインフルエンザの流行シーズンです。 一旦流行が始まると、短期間に小児から高齢者まで膨大な数の人を巻き込むということ、 インフルエンザが大流行した年には、高齢者の冬季の死亡数が普段の年より 多くなるということからも、だらだらと流行する普通のかぜとは異なります。

新型インフルエンザの感染者と地域

ヤフーのニュースによると、現在以下の地域で感染者が発生しています。

兵庫県は神戸市が53人と圧倒的に多く、次いで西宮市の6人です。
加古川市や朝来市では数人出ていますが、人口の多い姫路市では、まだ一人です。

大阪では、高槻市の10人、大阪市の7人が多いですね。
豊中市や池田市に数人出ていますが、それらの市に囲まれた伊丹市では現在のところ
一人ということです。早急に休校にしたことなどが感染を止めることになっようです。
とはいっても油断は出来ませんから、マスクの着用や手洗いや消毒など、
特に人ごみに出かける際には徹底した予防をするようにご注意ください。

追加情報
5月19日11時20分配信の読売新聞の情報によると、
神戸市が新たに10人の感染確認したとのことで、国内での感染者は173人になりました。
現在、メキシコ、米国、カナダに次ぐ規模になっています。中にはこれまで感染者が確認された
市立神戸高専の1年男子ら15〜18歳8人や1歳女児を含んでいるそうですが、10人はいずれも
軽症ということです。


元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN