口腔がんの初期症状

口腔癌は初期段階で発見し治療をすれば、治る確率の高いガンです。
そのため、口腔がんの初期症状にはどんなものがあるのかを知っておいて、
定期的にチェックすることをオススメします。



口腔がんの初期症状には、以下のようなものがあります。 例えば、口の中がただれる、しこりが出来る、潰瘍ができる、 なかなか取れない白い斑点がある、 周囲の健全な組織との境界がよく分からないしこりや腫れができるなどが、 口腔がんの初期症状といわれています。

また、症状が進行すると、出血したり痛みを伴うなどの症状が出てきます。 口腔がんと言われるものには、舌がん・歯肉がん・口底がん・頬粘膜がん などがありますが、その中でも最も多いのは舌がんで、 全体の約60%を占めているといわれています。

口の中、特に舌はよくチェックして、 上記のような症状がある場合は念のため病院で診断を受けましょう。 口腔がんの初期症状は口内炎と似ていますが、 口内炎と思っていても<その症状がなかなか治らない場合>は、 そのまま放置しないようにしましょう。

口腔がんの初期症状チェック

口腔がんの初期症状を見つけるためには、 どんな風にチェックすればいいのでしょう?
まず、セルフチェックは月に1回くらいの頻度で行うようにしましょう。
定期的にチェックするようにすれば、 何か変化が現れた時にすぐに気づきますよね。

チェックの仕方を説明します。明るい場所で口の中のチェックを始めます。 この時、入れ歯は外すようにしましょう。
@上下の唇の内側、前歯の歯肉をチェックします。
A上あごをチェックします。
B頬っぺたをひっぱり、頬っぺたの内側、上下の奥歯の歯肉をチェックします。
C舌を前に出して、下の表面、裏側、左右をチェックします。がんにも色々ありますが、
口腔がんは自分でチェックすることができる癌なので、セルフチェックを習慣づけて
早期発見・早期治療を心がけましょう。

口腔がんは、癌全体の2%とされています。女性よりも男性に多い病気で 、特に50歳以上でお酒を飲む時に
タバコを吸う習慣がある人は 口腔がんになりやすいとされています。 しかし、上記に当てはまらないからといって安心してはいけません。
以下の予防法を日頃から心がけるようにしましょう。
@刺激物を控えましょう。刺激物とは、タバコやアルコールなどのことです。
A口の中を清潔に保ちましょう。B口の中に慢性的な刺激を与えないようにしましょう。
例えば、壊れた入れ歯や合わない入れ歯をつける、壊れたかぶせものをそのままにしておくと、
口の中に慢性的な刺激を与えることになってしまいます。様々な要因の中で最も確率が高いとされるのは、タバコです。タバコを吸っている方は、特に注意しておきましょう。


元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN