転移しやすい甲状腺癌

甲状腺は転移しやすいという特徴があることをご存知ですか?
甲状腺がんと呼ばれる癌には、いくつかの種類があります。
乳頭癌、濾胞癌など分化癌、髄様癌、未分化癌、悪性リンパ腫などが甲状腺癌と呼ばれています。


この中で分化癌と呼ばれる乳頭癌や濾胞癌は、全体の約95%を占めるとされています。 甲状腺分化癌の約90%を占めるのが、乳頭癌です。乳頭癌は、超音波や細胞診検査で比較的簡単に見つけることができます。甲状腺癌で転移しやすい癌とされる乳頭癌は、リンパ節(甲状腺の周辺や頚部の外側、気管の前など)に転移しやすい性質があります。しかし、転移してしまっても癌細胞の増殖速度は遅いのでそれほど怖がる必要はありません。しっかりと腫瘍を切除すれば、10年生存率(手術以降10年生きることができる確率)は95%くらいとされています。

甲状腺分化癌の約10%を占めるのが、濾胞癌です。 濾胞癌も甲状腺癌で転移しやすい癌とされていますが、 乳頭癌とは少し違います。 乳頭癌はリンパ節に転移しやすいのですが、 濾胞癌はリンパ節への転移は少なく、 肺や骨など遠い場所に転移をしやすいという特徴を持っています。

ほとんど初期症状がない甲状腺癌

甲状腺癌で転移しやすい甲状腺癌ですが、手術をした場合 10年生存率は90%以上とされています。 甲状腺癌はほとんど初期症状がないので、 他の検診を受けた際、または、他の疾患で診察を受けた際に偶然発見される ケースが多いようです。 症状が進行すると、声がかすれる、咳が頻繁に出る、 呼吸困難を生じるなどの症状が現れます。 食道まで達してさらに悪化すると、嚥下時に違和感を感じる、 嚥下障害が起こるなどの症状が起こります。 甲状腺癌は転移しても生存率が高いとされているとはいえ、 ここまで悪化してしまうと治療がしにくくなりリスクが高まるので、 何か違和感を感じた場合はすぐに病院で診察を受けた方がよいでしょう。

甲状腺癌は頭頚部の癌の中では比較的多いですが、 その中でも多い乳頭がんはとてもおとなしい癌と呼ばれています。 特に、小さいもの直径が1cmに満たないものは、 一生そのまま大きくならないものや、 いつの間にか消失してしまうものまであります。 甲状腺癌の1cm以下のものは「微少がん」とも呼ばれ、 他の部分で見られる癌と違って生命にはほとんど影響を与えることがない、 危険性のない癌とされています。 しかし、そんな癌も歳を重ねると大きくなったり、 転移をする可能性がゼロではないので、念のため手術でとってしまう場合も多いようです。


元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN