そもそも生理学とは?



老化生理学などの生理学に興味がある方はきっと多くいらっしゃるかと思います。
生理学とは、生命の様々な現象を機能の側面から研究する生物学の1分野のことです。

生理学といっても様々なものがあり、
老化の生理学の他には、内分泌生理学(ホルモンなど内分泌を研究する分野)、
細胞生理学(細胞内の現象を研究する分野)、
神経生理学(神経に注目して研究する分野)、
大脳生理学(大脳の機能に注目して研究する分野)など色々です。

このページでは、老化の生理学など生理学を学びたい方におすすめの本をご紹介します。
医学評論社から出版されている『コアカリ生理学』という本は、
生理学に興味がある方におすすめの本です。老化の生理学のほかには、
胎児や新生児・乳児の生理学、感覚の生理学、筋肉や神経系の構造などを学ぶことができます。
『コアカリ生理学』の著者は、山形大学医学部教授である藤井聡(フジイサトシ)さん
・山形大学医学部准教授である山崎良彦(ヤマザキヨシヒコ)さんです。価格は3,990円となっています。

医歯薬出版株式会社から出版されている『標準栄養学各論 6版』という本もおすすめです。
この本は、食事摂取基準の新しい考え方を取り入れ、現代社会における新しい栄養学上の問題点を指摘する内容となっています。
図表がたくさん使った分かりやすいテキストで、
「中年期・老年期の栄養」の章では、老化の生理学に関する解説が行われています。
チャプターは、母性栄養・乳幼児の栄養・学童期/思春期の栄養などに分けられています。
『標準栄養学各論 6版』は、東京大学医学部の医学博士でもある島薗順雄(シマゾノノリオ)さんらによって書かれています。
この本の価格は、2,310円となっています。

南江堂から出版されている『やさしい生理学(改訂第5版)』もオススメです。
この本は、体のしくみや機能をわかりやすく解説した学生向けの生理学入門教科書です。
学生向けに書かれているだけあって、各章の導入となる「アウトライン」や関連トッピクスを取り上げる
「ワンポイントメモ」などのコーナーもあり、生理学に興味を持たせ理解しやすく作られています。
「加齢の生理学」の章では、身体諸機能の加齢変化や加齢と体力、平均寿命と老化などが解説されています。
老化の生理学だけでなく、生理学全般が分かりやすく解説されているので、学生だけでなく
生理学を学び始めた方にとてもオススメです。
『やさしい生理学(改訂第5版)』は2,520円です。
老化の生理学について書かれた本はまだまだあるので、ぜひ学びやすいものを探してみてください。


元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN