作業療法とは?

小児癌で作業療法という法を取り入れている病院もあるそうです。
ところで作業療法というのは何かご存知ですか?
これは障害(精神または身体に)を持っている患者さんに対して、社会適応能力を回復、 そして発達させるための療法です。


小児癌の作業療法に限らず、作業療法士の資格をもっている人が 患者さんと一緒になって様々な作業を行います。 作業療法は、作業療法士さんから指示された作業をただ黙々とやることだと 思っている方もいるかもしれませんが、そうではありません。

作業療法でやる作業には、例えば、人と話す・遊ぶ・歩く・笑う・仕事をする ・何かに触れるなどがあります。 つまり、作業療法でやることは明確に定められておらず、 【私達が生活を送る上で行うこと全てが作業となり得る】わけです。 作業療法は、一方的に作業療法士が決めた作業をこなせるかどうかが 目的ではありません。
患者さんが興味を持っている作業を行う、患者さんが伸ばしたいと 希望している能力を伸ばすための作業(集中力、筋力、バランスなど)を行い、 1回1回の療法を積み重ねることで、<心身ともに良い結果を得ること>が 作業療法の真の目的なのです。

そのほかの療法

小児癌で作業療法を経験する人も多いと思いますが、 作業療法は子供に対してだけ行われる療法ではありません。 作業療法は、子供病院以外にも総合病院、老人病院、精神病院、介護老人保健施設、 リハビリセンターなどで行われています。

小児癌の患者さんだけでなく、様々な病気で苦しんでいる方がこの療法で、 精神的にも身体的にもよい効果を表しています。
そして小児癌の作業療法など、子供の患者さんを対象とした療法は他にもあります。
例えば、遊戯療法(プレイセラピー)、集団療法、音楽療法、院内学級などです。

遊戯療法とは、プレイルームでセラピストと子供が遊ぶ中で、
子供は自分の心を表現し、自分の心を整理するための療法です。
集団療法とは、ゲームなど遊びを通じて、 人間関係や役割分担の発達を引き出すための療法です。
音楽療法とは、音楽の力で心の豊かさを取り戻したり、 健康を回復したりするための療法です。
院内学級とは、小児癌など長期間入院する必要がある子供達のための院内教室のことで、
入院中に子供たちに教育を受ける機会が提供されています。
小児癌の作業療法など、直接的に病気を治すための治療法以外の療法を行っている 病院はたくさんあります。
小児癌など<入院期間が長くなる病気>は特に身体的だけでなく 精神的なケアもしていく必要があります。


元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN