イソフラボンの過剰摂取による副作用

イソフラボンとは主に大豆イソフラボンの事を指し、大豆の胚芽に多く含まれる フラボノイドの一種です。



味噌や納豆などの大豆発酵食品には大豆イソフラボンアグリコンが多く含まれますが ほとんどの場合、食品中では大豆イソフラボン配糖体として存在しています。

大豆イソフラボンは、植物エストロゲンの一つとされ、その化学構造が女性ホルモン のエストロゲンに似ていてエストロゲン受容体に結合する効能から、さまざまな生体作用を 発揮するとされております。 大豆イソフラボン配糖体はそのままではエストロゲン受容体に結合しませんが、 体内で大豆イソフラボンアグリコンに変化して、生体作用をあらわします。

この生体作用により、骨粗しょう症の予防や更年期障害の軽減に効能があると言われています。 ところが最近、各種メディアで大豆イソフラボンが注目され、 大豆イソフラボンを強化した食材や 大豆イソフラボンをサプリメントとして過剰摂取するケースが増えました。
日本人が食事の中で豆腐や納豆から摂取していた頃とは状況が変わってきたのです。 これにより本来無害のはずのイソフラボンの副作用が報告されるようになりました。 これは→【過剰な摂取量が原因】とされています。

例えば閉経前の女性は大豆イソフラボンを過剰摂取した結果、 「血中ホルモン値が変動した」とか「月経周期が延長する」などの副作用が報告されています。 サプリメントなどで大豆イソフラボンだけを過剰摂取すると、女性ホルモンのバランスが崩れる 副作用があり、月経周期の遅れや子宮内膜増殖症などのリスクが高まると報告されています。 動物での過剰摂取の実験では、卵巣や精巣といった生殖器官に有害作用があると副作用が 報告されました。 そのため食品安全委員会では、妊婦や乳幼児、小児などが、特定保健用食品として普段の食事に 追加して大豆イソフラボンを過剰摂取することに注意を促しています。 豆腐なら150g(半丁)、きな粉なら20g、納豆なら45g(1パック)に相当する量が適切とされ 具体的な1日当たりの大豆イソフラボンの摂取量は目安として上限値を70〜75mg、サプリメントや 特定保健食品などで摂取する量は1日当たり30mgまでが適量としています。

過剰摂取予防のためのイソフラボン含有量

主な食品の単体でのイソフラボン含有量は下記を参考にして下さい。
納豆1パック(45g)の含有量=36mg  豆腐1丁(300g)の含有量=80mg  豆乳1パック(200g)の含有量=41g  きな粉大さじ1(6g)の含有量=9.5mg  味噌汁1杯(20g)の含有量=6mg  醤油(約6g)の含有量=0.08mg
もともと日本では、昔から豆腐や納豆・みそ・しょうゆといった伝統的な食事で大豆を使って きましたが、これまでこれらの食品での健康被害や副作用はありませんでした。 食品安全委員会も、通常の食事で大豆イソフラボンを取る分には特に問題はないとしています。 健康のためには、特定の成分のみを過剰摂取せず、バランスの良い食事を心がけることが重要です。 大豆イソフラボンをサプリメントなどで過剰摂取するより、大豆食品をバランスよく摂るのが 理想的な食生活と言えるでしょう。 日常の食生活では、大豆イソフラボンの含有量ではなく各栄養素のバランスに配慮して下さい。



元カレと・・・     

フェヴリナの炭酸ジェルパック
いっこうさんおすすめのBBクリーム  レッツカアツ 加圧エクサパンツ評判
プラチナゲルマローラー・口コミレビュー
  リバウンドしない方法 
早く妊娠したい人は、不妊治療をやめましょう 小顔になる方法ならこれ

楽天ウェブサービスセンター    Web Services by Yahoo! JAPAN